ソフトウェア構成

仕分け入力用Excelの特徴
・お客様がいつも使うExcelで勘定奉行より速く仕分け入力ができる
・仕分けデータのチェックができる
・ボタン押すだけで勘定奉行用インポートファイルが作成できる
・現金 銀行通帳等に分けて入力ができる

ハードウェア構成

仕分け入力用Excelの機能説明

仕分け入力用のマスターファイルです。お客様の勘定項目、補助項目に合わせたテーブル表を事務所側で作成してご提供します。仕分け入力は例として小口現金、A銀行、B銀行、C銀行等のシートごとに分けて管理ができます。そのシート管理もマスターシート内で行います。軽減税率の設定もマスターシートでおこないます。

現金の入力のシートです。日付はバラバラにいれても日付ソートコマンドで一瞬に並び替えができます。その時データのチェックも同時おこない、例えば金額の入れ忘れ行、補助項目が入っていない等のチェックも同時におこないます。勘定奉行に入れる前に事前にデータチェックがされるようになっています。黄色いラインは軽減税率消費税の表示です。一目瞭然にチェックがきます。摘要も勘定項目で使っているものの頻度が多い順にリスト表示されますので、スピードアップが図れます。定期的に適用のデータ吸い上げ機能使うと勘定項目別に適用が頻度順に管理されます。摘要入力が終わってエンターキーを押すと前行の日付を自動でコピーして日付の訂正からすぐにスタートできるようになっておりスピード化が図られています。

各シートに入力されたデータをこのシートに開始日付と終了日付の期間でデータを集めてきます。指定したシート・または全シートから集めることが可能です。日付ソート機能でこのシートでもデータのチェックがされます。データに問題が無ければ右上のCSV作成ボタンを押すとCSVデータが作成されビジュアルに確認ができます。この後、勘定奉行データ作成ボタンを押すとCSVシートに勘定奉行が読み込めるファイルが作成されます。お客様が勘定奉行をお使いならご自分でCSVインポートが可能です。なければこのファイルを事務所にメールで送付いただければ、勘定奉行へインポートしてチェックをさせていただきます。このExcelファイルをご利用いただくと紙ベースのやり取りがなくなります。